読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいノートブック

Android大好き

RxJava私的メモ

Observableの生成

・from
IterableなオブジェクトからObservableを生成。

Observable.from(T[] array)  
Observable.from(Iterable<? extends T> iterable)  
Observable.from(new String[]{"a", "b", "c"})  

・create
OnSubscribeを指定してObservableを生成。

Observable<String> o = Observable.create(subscriber -> {
            subscriber.onNext("Hello");
            subscriber.onNext("world!");
            subscriber.onCompleted();
        });

・range
要素の範囲を指定してObservableを生成。

Observable<Integer> o = Observable.range(1, 5);  

・just
引数で直接Observableを生成

Observable<Integer> o = Observable.just(1, 2, 3);  

subscribeOnとobserveOn

・subscribeOn
ObservableのonSubscribe を実行するスレッドを変更する。
subscribeOnはどのタイミングで呼んでも全てのオペレータに適用される。

・observeOn
以降のオペレータでのコールバックを処理するスケジューラをきめる。

・指定しない場合
Observableの実装や叩いたOperator(map()やfilter()などのメソッド)によりますが、基本的に現在のスレッド(subscribe()を呼び出したスレッド)で「同期的に」実行されます。

Schedulers

指定したオペレータをどのスレッドで実行するかを指定できます。
最初はSchedulers#newThreadとAndroidSchedulers#mainThreadから入ると良いと思います。

・#io
I/O処理のためのScheduler。

・#computation
計算処理のためのScheduler。イベントループ 処理コールバックなど。

・#immediate
現在のスレッドで作業するためのScheduler。処理を割り込んで実行させます。

・#newThread
新規にスレッドを生成します。

・#trampoline
擬似的なマルチタスクとして実行します。

・AndroidSchedulers#mainThread()
メイン(UI)スレッドで実行します。 (RxAndroidを導入する必要あり)

ライフサイクル

意識しないといけないのはsubscribeメソッドが発行するSubscription。

・ライフサイクルに合わせてunsubscribeする
SubscriberのonNext, onErrorでunsubscribeが呼ばれる。
非同期のSubscriptionは投げっぱなしにするとリークするので適所でunsubscribe!

・複数のSubscription
CompositeSubscriptionを利用します。Subscriptionが発行される都度CompositeSubscription#addする。
こちらもライフサイクルに合わせてunsubscribeする。

error operators

通常はsubscribe内でonErrorを実装する. subscribe内がonNextだけの実装になっている場合は,
下記のメソッドを実装する必要がある.
・onErrorReturn
Observableチェインのなかで発生したErrorをキャッチして、大体のObjectに変換することでsubscriberにErrorが渡されるのを防ぐことができます。

・onErrorResumeNext
Observableチェインのなかで発生したErrorをキャッチして、その中で再度Observableを呼び出すことで、エラー時に代替のStreamを返すことができます。

ハマりどころ

onErrorにコンテキストの参照をもたせるとリークする

既存処理をRxに移行する

// 非同期処理に乗せるAPIからのデータ取得メソッド
public List getDataFromApi() {…}

// 戻り値の型をObservableでラップ
public Observable<List> getDataFromApi() {…}

参考URL

RxJava Javadoc 2.0.7